釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
2006年9月16日(土) 朝比奈川

藁科川は、15cmほどの増水で、第二東名橋から川を覗くと青ノロが消えていました。
水色はわずかに緑がかっていますが、底石がはっきり見える透きとおり。
アカの具合は、流芯が飛んで白く見えます。ヘチにはアカも残っているので釣れそうです。

今日は、勝治さんの狙いに乗せてもらいお隣の朝比奈川に行ってきました。
藁科が増水気味なら、小さな朝比奈川は、ちょうど良い状況かも?

朝比奈川では、この時期はもうオトリを販売しているところが無いので、
川小屋さんに寄って、初めて通る富厚里橋直進コースで向かいました。

山越えで朝比奈川上流に着くと、底石はドロをかぶって磨かれていません。
「うわぁ、こりゃダメっぽいじゃん」と思って、勝治さんに聞くと、
途中に大きな堰堤があるので、そこから上に鮎が昇れないとのこと。
下流に車を走らせ所々で川を見ると、石は磨かれ鮎の姿がちゃん〜んと見えます。

水量は、たぶん平水よりも多いと思いますが、それでも藁科川支流の黒俣川程度の流れです。
石も小さく、オトリを入れられない強い瀬なんてありません。
勝治さんは、鮎の姿がいっぱい見える鏡の浅トロをポイントに定めましたが、
自分は、そういうところで掛ける自信がないので、少しでも白泡があるポイントを狙いました。

オトリを流れに入れ、立竿で丁寧に泳がせてみますが、なかなか掛かりません。
20分ぐらい周辺を泳がせて掛かったのは、追い渋りっぽい顔掛かり。
イマイチ追いが良くない感じです。

車から川を見て歩いた時、タモ漁と投網をしている人を数人見掛けました。
この川は、全体に浅いのでタモで捕ることがある時期から認められています。

2匹目も顔掛かり。そして3匹目は背掛かり。
ここまで1時間を費やしてしまいましたが、徐々に追いが良くなってきました。
出し掛かりとまではいかないけど、オトリが弱る前には掛かってくれます。

近所の子供が、自分の周りをウロチョロして興味深そうに見ています。
話しをすると、釣りはやったことがあるけど、友釣りは知らないらしい。
オトリの鼻にハナカンを通すとこ、逆バリをセットするところ、それらを見せてあげました。
そしてオトリを流れに入れると、子供達が期待に満ちた顔で見ています。
「プレッシャーだなぁ〜(^^;;)」
でもすぐに追いがあって、2匹の鮎を空中を飛ばしてタマ網にキャッチ!!
(おぉ〜なかなか決まったんじゃない?)
子供達は、すぐに寄ってきてタマ網の中を覗きこんできました。
子供の顔を見ると、好奇心やらなにやらでいっぱいの表情です。
運良く何匹か連続で釣ることができて、少しは友釣りの面白さを感じてくれたかな?
もっと「すげぇ〜プロじゃん」と思ってくれたかも?(笑)
e0037194_0312471.jpg

まぁ、こんな小さな川なので、練習&お遊びだったので、適当な時間に終了です。
帰りに「全部鮎をあげるよ。」
と言ったら、兄ちゃんのほうが家にバケツを取りに走っていきました。
e0037194_031985.jpg

勝治さんの鮎も合わせると30匹以上もあったので、逆にちょっと心配になりました。
家でお母さんに怒られやしないかと気になります。(笑)

朝比奈川の鮎は、ここぞと思うポイントで掛かってくれます。
投網やタモで場荒れしているけど、友の場荒れは無いので、好ポイントで掛かってくれます。
白泡のある瀬では鋭角釣法、フラットな流れは泳がせ、これでバッチリ掛かります。
とっても素直な感じがして、真剣に1日やればかなり釣れそうな感じ。(^^)
e0037194_0314638.jpg

とうとう?ついに?彼岸花が咲いていました。

天候 晴れ 水温高目 でも涼しい(^^)
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  エース超極細(複合ライン)
ハリ 6号 3本イカリ(ゼロ釣法のハリ?)
時間 10:00〜13:30休み休みだから実質2時間程度
型  16cm〜18cm
数  13匹
[PR]
by fishermen8 | 2006-09-17 00:38
<< 2006年9月24日(日)富士川 2006年9月10日(日)安倍川 >>


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧