釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
7月29日(土)山梨県 福士川
浅トロを覗くと、うじゃうじゃいます。しかも型物揃い。
20数匹の群れの塊が、岸際にもどこにでも至る所に見えます。
当然、瀬にもいっぱいいるはず。

「こりゃすげぇ〜よ。掛けバリさえ付けてりゃポンポン掛かりそう」
☆本日は晴天なり。←(☆は気持ちの現れ)

場所は、富士川に注ぐ支流で「福士川」
(福士川マップ)
富士川の出合いから上流500m~1000mあたりでやってみました。
しかし、鮎もいっぱいいるけど、釣り人もいっぱいいる。

遊漁料は藁科に比べると高い! 1日で1,800円もする。
2匹のオトリ込みで、ちょうど3,000円也。(1匹600円)
でもさ、こんだけ鮎がいりゃ入れ掛かりだろ〜し、高くはないね。ルンルン(^^)

さっそく、瀬の石裏にオトリを入れて、数秒後にあっさり1匹ゲット!
e0037194_20233492.jpg

型も20cmぐらいあって、ちょっとちょっとこれは楽し過ぎ? 
次は、どこで釣ってあげようか。ルンルンルン(^^) ☆快晴です。

良いオトリも手に入ったし、瀬のど真ん中へ入れてみよう。
波立ちは少な目だけど、底石が適度に入っていて釣れそうな感じ。
ところが、オトリをあちこち動かしてもピクともしません。☆雲が発生。

そこで、段々瀬の白泡の中に放り込むと一発で大型が掛かってきた。
オトリも大きめだから引き味は重量感いっぱい。☆またまた快晴。
段々瀬を飛びまわる2匹をタイミング良く?抜きにいったら「フワッ」と軽くなる。
「やっちまった!」高切れ・・・。☆突如雷雲発生。

ちょっと強引すぎたかな?と、ブツブツ独り言を言いながらも、
養殖オトリ2号で、なんとか天然にオトリを替えることができた。
ところが、そいつもツケ糸から「さようなら」☆ついに雨が振りだした。

3度目の正直。
やっと仕留めた天然君で、またもや型物が掛かる。
今度は慎重に抜いたつもりが、またしても高切れ。
釣っても釣っても、いまだに養殖2匹。
しかもヨレヨレ。☆土砂降りの雨の中で〜♪。

それからは、ピョンピョン跳ねる鮎や、ギラギラ光る鮎や、脇を走る鮎や、
それはもういっぱい見える鮎を横目に、ヨレヨレオトリと遊んでました。☆超長雨で晴れ間も忘れた。

最後に22cmの幅広い鮎が釣れたのが救い。☆一瞬の晴れ間。
でも、大き過ぎてオトリに使うには、この仕掛けじゃ不安になる。

本当の天気も、13時ごろ雷雲が出てきて大粒の雨になりました。
ここで、荒天コールドゲームで終了。手も足も出ないで完封負け。
☆大雨、洪水、波浪注意報ならびに大地震と天変地異と・・。

e0037194_20241698.jpg

写真:あまりにも釣れないので、オトリを撮って遊んでます。

スー師匠は、さすが10数匹釣ってます。
今回は、仕掛けも含め、抜きのタイミングなど、未熟さが露わになって、
こりゃ、真剣に仕掛けを見直さなきゃいけないと実感しました。

追伸
遊び鮎を釣ろうと苦心したけど、1匹もゲットならず。
スー師匠も、波立ちのあるとこしか掛からないと言っていた。
良さそうなポイントでも場荒れしているのか追いがない。
鮎はいっぱいいるので、なんとかなりそうなのにならない(イライラ)
下流部は、大きい石もあるけど砂底が多い。
上流部は、渓流相で石が多い。上流部が良さそう。


竿 アルトマイスター
糸 エース極細
時間 7:30〜13:00
サイズ 16cm〜22cm
釣果 最終的に舟に残った数(4)掛けた鮎数(忘れた)
[PR]
by fishermen8 | 2006-07-31 20:27
<< 2006年8月5日(土)藁科川 7月26日(日)藁科川 >>