釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2007年5月27日(日)興津川

早いもので、解禁からこれで3回目。
日毎に状況が悪くなっていくのがわかります。
金曜の大雨で、青ノロもすっかり流されていると思いきや、まだまだしっかり付いてます。
残りアカも、残りって感じではなく、以前のまま古アカが残ってます。
水が20cm高になったぐらいで、状況はほとんど変わっていません。

今日は、承元寺堰堤上の岩盤のところに入ってみました。
特に秘めた狙いもなく、なんとなく決定。
朝の水温は15度で、ここのところ朝はずっとこれぐらい。

増水した川の中を覗くと、キラキラと盛んにハンでいる様子が伺えます。
魚影はあいかわらず濃いと思いますが、大きなやつが極端に減りました。

さっそくオトリをキラキラの中に滑り込ませてみました。
まるでアタリません。食べるのに夢中で追うどころじゃない。そんな感じ(^^;;)
3回ほど、ギラッとハリに乗り損ね、なかなか捕れません。
やっと取れたのは、始めて1時間もしてから。しかも12cm程度。
増水した川にこのサイズじゃ、流芯に入りません。
仕方がないので、ヘチヘチ・・「あ〜つまらん!」
次に釣れたのは、それからまた1時間後、やっぱり12cm。
「はぁ〜〜なんか、面白くない」
結局、8:30〜11:30の間に釣れたのは、17cm1匹と10〜13cmが4匹。

ところが師匠は流芯を攻めて、17cmクラスを数匹ゲット。
あとはやっぱチビ鮎で、数は15匹以上釣っている。

「師匠〜〜ここ、つまんない」
岩盤の溝やら隙間狙いでピンポイントだから、入れ掛かりがない。
もっとさ、広い瀬でオトリを動かして遊びたい。
わがままを言って、場所を移動することに。(^^)

のんびり昼飯を食べて、午後の部に突入。
今度の場所は、第二東名橋の上、例の巨大とっくりの前です。
川を見ると、良い流れなのに、石はヘチだけで流芯は砂ばかり。
なんとまぁ〜面白みのないポイントだこと。
でも、どこも混雑しているから、贅沢なことは言えない。
e0037194_1858527.jpg

(写真:第二東名の橋桁が見えます)
e0037194_185988.jpg

(写真:対岸ヘチの石を狙う師匠 流芯に石が無いでしょ)

少し下流に向かうと、それでも流芯に石が点在している瀬を見つけ、
そこでやってみることに。
しかし〜〜〜掛かりません。オトリを引くだけの練習だねこりゃ。
まぁ、そんなことをしていると、マグレで掛かったりします。
真っ白な13cmサイズがポツ・・ポツ・・ポツと3匹。
「ダメだなぁ〜面白みに欠ける」
その後、拾い釣りで4匹追加したものの、欲求不満。

「しばらく興津はいいにしよ。」
こんなんじゃ、面白くない。

さぁ、来週末は、地元藁科川の解禁じゃ〜〜!!
頼むよぉ〜 楽しく釣れてね〜。

天候 晴れ 真夏日
水温 15度→18度
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  メタコンポ0.05号
ハリ 6.5号「V8」、6.75号「イニシア」 3本・4本イカリ
時間 08:30〜11:30 13:00〜15:30
型  13cm〜17cm(10〜14が多かった)
数  12匹
[PR]
by fishermen8 | 2007-05-27 19:11
2007年5月24日(木)興津川
平日ですが、お誘いがあったので休日出勤の振替でお休みをとりました。
20日の解禁日は、中流部で束釣りもあったという好調な滑り出しでしたが、あれから4日経ってどうでしょうか?
昨日の噂によると、極端に渋くなって釣れなかったらしい。
そうは言っても束釣りするぐらいだから、まだまだ釣れるでしょ〜!!

朝7時、大網吊橋上流〜土村堰堤の中間あたりに入ってみました。
鏡の浅トロを偏光グラス越しに見ると鮎はいっぱい見える。
追ってるようにも見えるし、ただ遊んでるようにも見える。掛かるかな?

魚がいるんだから、まずはここでオトリを出してみることにしました。
オトリを静かに流れに入れて、仲間のところへ泳がせてみる。
「掛かるかなぁ〜〜(^^)」
5分経過・・10分経過・・・。
目印の下には、魚影が見えるのに、サッパリ掛かりません。
「ダメだぁ! 追わん! なんでだ?」
朝早いし水温も15度しかないので、トロ場はダメみたい。
「オトリが変わればなぁ〜」

「ふんじゃ、今度は瀬でやってみよう。」
放流鮎が好みそうな流速の瀬に入れてみる。
立て泳がせ、引き泳がせ、ベタ引き回し〜〜やれることは全部やったぞ。
「それでも掛からんか!」
「どうする?」タバコに火を付けてぼんやり瀬の中を見ていると、
瀬落ちの中に、少し光ってそうな石を見つけたので、無理矢理引きずってオトリを止めてみた。
すると、ココォーンと小気味よいアタリでやっと1匹目ゲット!
「おぉ〜〜やっときたか。待ちこがれたよ〜」
オトリが変われば「これから釣れるぞ」と喜んだのも束の間、エラ掛かり。
こっちは顔面蒼白、鮎も蒼白、見る見る色が変わっていく〜〜〜。

「ふんじゃ、今度は周囲で1番深いとこでマグレ狙いだ!」(これも技(^^;;))
チンタラチンタラと、オトリまかせに放っておく。
「何分過ぎたかな〜 もうずいぶん経ったな。さ〜てと、どこへ行こうか?」
と思っていると、「コン!」 きたきたマグレの一発。
「ん?意外に引きが強いぞコイツ!」
ピョッコーン ←(オトリだけすっ飛んできた音)
やっちまった。これで朝一オトリ換え失敗の2連発。
ヒュ〜・・風が身に染みる。

e0037194_23122673.jpg

(写真:雰囲気はいいんだけどね〜)

「師匠ぉ〜〜 ぜんぜん釣れないよ」
と、嘆いてみたら、なんと師匠もまだボウズ。
2人合わせて、朝7時から9時までボウズとは笑ってしまう。

見える範囲の他の釣り人も、釣ったところを見ていない。
魚はいるんだから、なんとかなりそうなのに??

水温が上がるまで、オトリに負担をかけないように「マッスル背バリ」登場!
これで平瀬をチマチマ動かしていると、チビの放流ものだけど背掛かりできた。
そこからポチポチ続いて4匹ゲット。
「ふぅ〜〜これでオトリ継ぎはなんとかなりそうだ」

別の瀬に移って、鼻カンを通してないやつを送り出す。
ツツースルスルー ・ ・ 目印がグル ・ ゴツゴツ (^^)と理想的。
掛かったやつを送り出す。 またもや同じように掛かる。
30分ぐらいで7匹追加。

ここでたっぷり昼飯休憩。
e0037194_23152840.jpg

(写真:こんなとこで食べる昼飯は旨い!)

午後は場所を変え、茂野島橋下流。
ここでまたもや2連発のバラシ。どうも追いが弱い感じ。
それでも1匹、2匹釣れたものの、型が小さい。
どうやら散々攻められたカスポイントのようです。

そろそろ帰りましょうかね。の、
ラスト前に掛かったのは、なんと等間隔で3匹が仕掛けにぶる下がってきた?
ありゃ?? どうなってんの? 1番上からオトリでしょ。その下が掛かり鮎。
じゃ、その下にいるもう1匹の鮎はどういうこと?
20mぐらい上流にいた師匠がツケ糸から切られたらしい。
それがすぐに掛かってしまったようです。
それにしても、上手に3匹をタモにキャッチ出来たのがおかしかった。(見事でした)
もちろん、この鮎は自分の友舟に入れちゃいました。(笑)釣ったんだも〜ん。

で、ラスト1匹が、またまたガックリ。
やけに重い。大物か? 今までのチビとはわけが違う。
そう思って、慎重にタモに受けた鮎は、ど〜見ても数日前に放流された養殖オトリ様。
それにしてもデケェ〜なぁ。
こんな養殖オトリが追って掛かってくるようじゃ、釣れないはずだよ。も〜!



天候 晴れ時々曇り
水温 15度
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  メタコンポ0.05号
ハリ 6.5号「V8」、6.75号「イニシア」 3本・4本イカリ
時間 07:00〜15:00
型  13cm〜17cm(13〜15が多かった)
数  16匹(※同時で2匹釣ったのは入ってませんよ、さすがに。(笑)

e0037194_23172368.jpg

(写真:興津川名物 巨大な徳利)
[PR]
by fishermen8 | 2007-05-24 23:19
2007年5月20日(日)解禁の興津川
(解禁で最初だし・・・写真満載にしてみました。)

今年の鮎釣りがついに始まりました。
解禁が日曜日と重なり、前日からの場所取りなど、下流から上流まで超混雑。
まず好ポイントには入れないでしょう。前日組に押さえられています。

朝早くに入った場所は、竿1本間隔でびっしり、対岸に釣り人だらけの場所。
(写真1)※写真はクリックで拡大
e0037194_21204569.jpg


半年のギャップで心配した鼻カン通しは、意外なほどあっさり。
「勝治さん特製鼻カン」これはイイッ!!
すんなり通るし、ハズす時もほとんど無抵抗でハズれる。

さて、釣りの方は、川幅が狭いので、先着の対岸釣り人に遠慮しながら手前のヘチだけやってみた。
ところが手前は青ノロばかりで、正直言って釣れる気はしない。
でも、他に竿を出せそうも無いので、我慢してやってみる。
ところが石に付いた青ノロだけなら少しは我慢できるけど、上流から流れてくる青ノロが半端じゃない。
解禁で一斉に釣り人が入ったせいで、上から流れてくるは流れてくるは緑の藻の塊。
すぐに仕掛けに絡みつきます。
目印、編み込み部分、鼻カン、掛けバリ、ぜ〜〜んぶ緑色(^^;;)
オトリが1泳ぎしたら、手元に寄せないとベッタリと付いた青ノロで釣りにならない。
1時間ほどやったところで「新ちゃん」から電話が入り一時休憩。
「うげぇ!こんな調子じゃ今日はボウズもありそうだぞ。」

半年ぶりの再会にしばし歓談した後、今度は下流へ行ってみることにした。
ここは岩盤だらけのポイントだから、少しは竿を入れるポイントがありそうです。
(写真2・3)
e0037194_21215479.jpg

e0037194_21225080.jpg


ここで釣れてくれたのが、魚体が青くてヒレが真っ黄色の鮎。背ビレも長い。
(写真4)
e0037194_21232516.jpg


これは放流物だろうね。たぶん。(どう思いますか?)
狭い岩盤の溝をこまめに攻めると、ポツポツと釣れてくれる。
だけど、ポイントが狭いので入れ掛かりなんて無い。
渓流釣りのように溝・深みをピンポイントで狙うだけ。
清々と広い瀬でゆったりやってみたい。

釣れてくる鮎は、サイズに関係なく引きが弱い。
コツっときて「あ、掛かった!」と思っても、その後目印が走るわけでもなく、
竿で利いてみると「あ、やっぱ掛かってたんだ」みたいなのばっか!
去年の秋の感触が残っているせいか、イマサンぐらい物足りない。

竿の出せるポイントもほとんど無いので、またまた休憩。(寝てしまった)
休み休みの釣りでしたが、そこそこ釣れたし、ま、こんなものかな。

■写真で案内
(水中の石の色)
減水気味で、アカも腐り加減。水色も透明なのに視界が悪そう。
人が多く入ったための薄濁りだと思う。
e0037194_21254655.jpg


(新ちゃん)
カメラを持っていたら、ちょうど釣りました。(チビ鮎?だから写真には写ってない(^^;;)
e0037194_21245390.jpg


(JIROさん)
解禁を楽しみながら、のんびりオトリを操作してました。釣果より釣りが出来ることを堪能しているようでした。
e0037194_21263888.jpg


(自分)
撮る前に釣ったんだけどね〜カメラを構えられたら釣れなくなりました。(ひじょ〜にプレッシャーに弱い)
e0037194_21272639.jpg


(岩盤に付く鮎)
直角に窪んでいる岩盤の上から、適当にシャッターを切ると、ご覧のように鮎がいっぱい写っていました。
e0037194_2128313.jpg

e0037194_2128389.jpg


(新品の友舟)
流水抵抗が少ないと広告があったので買ってみましたが、確かに軽くてラクチンでした。
e0037194_21292649.jpg


(今日の釣果&釣れた鮎)
e0037194_21301255.jpg



天候 晴れ
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  メタコンポ0.05号
ハリ いろいろ。ホントにいろいろ(どれがいいかわからん)
   5号の「閃」、6.5号「V8」、6.75号「イニシア」 3本・4本イカリ
時間 06:00〜15:00(休憩時間長し)
型  13cm〜17cm
数  13匹
[PR]
by fishermen8 | 2007-05-20 21:31
ブログ ひさしぶりだ。
2007年になって、初めて書き出すブログ。
前回の投稿が、2006年11月10日で、内容が釣りの釣果とは・・・。
ずいぶんとサボったもんだにゃ〜〜なんてことよりも!!!
去年は、11月10日まで鮎釣りしてたことに、感動と驚き。

さて、とうとう、いよいよ、ついに、(新作映画の封切りみたいに)
今年も解禁を迎えることになりました。
明日20日は、興津川の解禁です。
たまたま日曜日と重なり、混雑することは目に見えていますが、
とりあえず行かねばなるまい!
竿1本の隙間もないかもしれない。
空いているとこは砂地ぐらいしかないかもしれない。
でもね、鮎がキラキラ泳ぐ川で竿を出すのがうれしいんです。
鼻カン・・・上手く通るかな?(^^;;)

e0037194_21583244.jpg


それでは、今年も鮎、始まります。
おやすみ。(明日の大漁の夢みながら)(笑)
[PR]
by fishermen8 | 2007-05-19 22:00


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧