釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2006年11月10日(金)藁科川
平日釣行は、のんびりしていいです。
と、言いたいところですが、この時期になると河原に人も少なく、
静かを通り越して、寂しくなりますね。
e0037194_18415197.jpg

写真 枯れた草の合間にひときわ映える紅色の植物(?)

あれほど居た釣人も、さすがに数少なく、数人しかいません。
オトリ屋さんにオトリが無いのだから無理もありませんけどね。
(川小屋さんには、釣った天然があります)

今日は、釣り雑誌「釣り人」の取材があります。
永浜さんの案内で、カインズ前上流で撮影。
e0037194_1842307.jpg

写真の釣人は、シマノジャパンカップ全国4位の上田弘幸氏
午前中の早いうちは、水温も低く手こずっているようでしたが、
1匹掛け、2匹掛けと、一時入れ掛かりもあって20匹ぐらいの釣果。
「鮎がまだ若い。すごい数がいる。」と盛んに驚いていました。

e0037194_18432992.jpg

写真は、その隣で釣りする永浜氏

さて、午前中は、名手達の見学&取材のお手伝いでしたが、
午後からは、自分も竿を出してみます。
今日は、遠くから「showさん」も来ています。
取材の邪魔にならないように、2人並んでやってみることしました。

さぁ〜てと、今年最後の友釣りは?
ゆっくりスルスルと上がっていく目印がブルルンと揺れました。
この変な揺れ方は、あ、やっぱり根掛かり。(^^;)
そして、次もまた根掛かり(>_<)
だって、みんながハリスが長いほうがイイって言うからさぁ〜
いきなり出鼻をくじかれて、オトリはもうグッタリしてる。

ただでさえ弱いオトリは、もう自力で上ってくれない。
シャッキン!と音がしそうなぐらい竿が寝る。早くもグリグリの引き釣り(^^)
今日は、前回とは違って、な〜んか釣れそうな気配がない。
それでも時間を掛けてゆっくり引き上げていくと、
ククンと小さな手応えで掛かった。
ところがオスの鮎で、釣ったばかりなのに最初から黒っぽい。
続いて2匹目が釣れたが、これもオス。

なかなかリズムに乗れず、時間だけが過ぎていく。あぁ〜ぁ(^o^)
立て竿で泳がせていても、オトリは元気がないから下るばかり。
そう言えば、2匹ともジワリジワリと引き上げて掛かったんだった!
今日は、その方がイイのかなぁ?

オトリを替えて、また引き釣りに戻してみる。
水面は、夕日の逆光で目印がほとんど見えないけど、
竿先のわずかなテンションをアテに引いていく。
と、今までかすかにあったテンションが、フッと無くなり、
竿が急に軽くなった。
掛かった時は、ゴツゴツとかググンって手応えがあるんだけど?

なにか違和感を感じ、見づらい目印を探しながら竿で利いてみる。
ん! 掛かってる! しかもデカイ!
手尻を余分に出していないのに、抜けない、オトリしか見えない。
宙ぶらりんのオトリが水面でブラブラするだけで本体が出てこない。
やっと背伸びして抜きにかかると、一瞬水面を割ってポチャリ。
今の・・軽く20cmは越えてた。いや23、4はありそうだった。
「逃がした獲物は大きい」確かに大きいんだよぉ〜(T_T)

それからまた沈黙はやってきたけど、徐々に掛かるペースが上がってきた。
でも、ホントにポチポチ、たまに2連チャンぐらいの掛かり具合。

西の山に、太陽も沈み、そろそろ終わりが近づきました。
それは、今年の鮎釣りの最後でもあります。

キッパリ!「本日で納竿します!!」


(↓)は、ちょっと面白い写真です。
e0037194_1844337.jpg

まだ午前中、靴を履いてたので、カメラを持った手首だけ浸けて撮る。
ホントに水深20cmぐらいの川岸から流芯めがけてシャッターを押しただけ。
魚がいるかどうかもわからず適当です。
なのに、魚がいっぱい写っていました。
ざっと数えてみたら、20匹ぐらいいます。
(浮いているのは、オイカワ?ウグイ?だよね)
中央の下側に尻尾だけ見える鮎は、目の前にいたことになる。
拡大写真←クリック(デカイ写真だからデータ重いです。532KB)

天候 晴れ
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  ナイロン0.2号
ハリ 6.75号のイニシア 3本・4本イカリ
   チラシも使っちゃった(^^;;)
時間 13:00〜16:00
型  14cm〜17cm
数  9匹
[PR]
by fishermen8 | 2006-11-10 19:05
2006年11月4日(土)藁科川

そろそろ終わりにしなくちゃいけない。
と、思いつつも、綺麗な鮎が釣れると終われない。

朝8時ごろ、スーさんとのんびり川小屋さんに行くと、
店前には車がいっぱい止まっている。
八王子、横浜、岐阜、県外ナンバーがたくさん。

そうだ! HPで知り合い、顔をまだ見ていない釣人が今日はいるんです。
showさんと、SAさんだ。
そして、HP「かっぱの釣り天国」で有名なかっぱさんも。

今年の鮎釣り最後になろかという時に、新しい3人の釣り仲間と顔合わせ。(^^)
次に顔合わせ出来るのは来年になってしまうのかな?
e0037194_22231922.jpg

今日も、いつもの場所 カインズ前(^^;;)
スーさんが、少し上流へ行こうよと言うので、河原を車でのぼる。
ずっと大雨が降らなかった為か、河原に車が通れる道ができている。
これも今年の特徴かもしれない。

新間川の出合いから200mぐらい下流のトロ、瀬、チャラ瀬が続くポイント。
石の色は、カインズ前の方が良いが、人も少なく空いているのでグッド!

さっそく、緩い流れの瀬肩にオトリを入れてみる。
立て竿、ベタ竿を交えて、ゆっくりオトリを上げていくと、
目印が横にブレること数回。でも、なかなか掛かりません。
追ってるみたいだけど、オトリの逃げるスピードに深追いしてくれない感じ。
野鮎がいることは間違いない。
そこで糸をちょっと張り気味にし、オトリを止めて待っていると、
小さくクンと目印が動き、オトリが下がり始めた。
アタリも小さければ、走りもしない。(^^;;)
竿を起こすと、さすがに野鮎も気づき、瀬肩の波の中を走り始めた。
17cmぐらいのメスです。(^^)この時期としては最高のオトリになるね。

このオトリを出すと、元気に上にのぼっていきます。
早い早い、流れが緩いからすぐに竿いっぱいまで行ってしまう。
これじゃ、ぜんぜん掛かかる気配がありません。
元気なオトリをゆっくり泳がす技術がないので弱るまで待つ!(笑)
2、3度上げ下げしているうちに、適度なスピードになってきた。
よくしたもので、この後すぐに1匹ゲット!
でも午前中は追いが悪いようで、連発では掛かってくれない。
じっくり泳がせて待ち釣りに徹するしかないみたいです。
9:30から始めて11:00まで、う〜んの4匹でした。

今日のメインイベントは、みんなでバーベキュー!!
男のバーベキューと言うのか、鉄板に食材が無造作に置かれ、
まぁ〜半生でもイイっしょ!のいい加減なバーベキュー(笑)
ビールはおろか、純米吟醸や焼酎まであって、軽くはないよなぁ〜(^^;;)
でも、か〜なり呑んでしまいました。
e0037194_22242721.jpg

さて、後半戦。午後は期待してます。
きっと、前回のように追いも良く掛かってくれるはず!

ところが、そうな問屋が卸しませんでした(^^;)
かなり真剣にやりました。だけど酔ってフラフラです。
オトリは懸命に泳いでくれてますが、いっこうに掛かりません。
追いの前触れ? そんなことは酔いのせいかわかりません。(爆)
1時間ぐらいまったく釣れない!!
こんなはずじゃないのに、なんで? どうして釣れないの?
そんな時、クンの後にオトリが下っていきました。
おぉ!やっと来たじゃん(^^)
意外にカッコ良く抜けました。
ところが、飛んでくる掛かり「魚」を見ると・・真っ黒!
飛んでくる間に、ボウズちゃんだってことがわかりました。
でも・・・釣れたのひさしぶりだから、カッコ良くタモに受けてみました。(笑)
遠くから見たら、いかにも釣ったように見えるでしょ!(^^)
実は、まだボウズなんだけどさぁ!

その後、やんわりしたアタリで、1匹釣れると、ポツリポツリと追加して、
午後の部は、13:30から15:30の2時間で、ふぅ〜の3匹。
まぁ、こんなもんでしょ。
最後に、4匹目ゲットかと思ったら、またまたボウズ君(君?今度は男?)
しかも、仕掛けがグチャグチャに絡んで、ここでギブアップです。

e0037194_22272088.jpg

写真 今年最後の獲物になるかもしれないボウズ君

そろそろ納竿にしようと思います。
あくまでも思うのであって、決定ではありません。(爆)

天候 晴れ やや曇り空
竿  アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸  ナイロン0.2号
ハリ 6.75号のイニシア 3本イカリ
時間 9:30〜11:00(4匹) 13:30〜15:30(3匹)
型  16cm〜18cm
数  7匹
[PR]
by fishermen8 | 2006-11-04 22:29


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧