釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
夏鮎さんと。
6月24日(土) 藁科川 晴れ時々曇り

ずっと雨続きで、増水気味の藁科でした。
水位は10cm高ぐらいかな? 流心はアカも飛んで付き始めという感じ。
黒俣川合流から下流へ向かうと、あまり釣り人がいません。
川の中を見ながら歩いていると、ヘチの石だけが茶色く、流心の石は白っぽい。
ちょっと藁科としては、釣りにくい状況かも。

まずは対岸のヘチの茶色いところへオトリを誘導してみる。
50cmぐらいスイスイとオトリがあがった時、目印がピュンと小さく走って、12cmサイズが背掛かり。
ついで、同じように攻めて、13cm、次に15cm。
順調に掛かるも、ヘチの一部だけだからポイントが狭い。
少しポイントを移動して、またヘチ沿いに上げると、今度は15cmサイズが続けて3匹。
アタリは気持ち良く、ひったくるように目印が飛びます。
入れ掛かりのようですが、掛かるペースは遅く、ポチポチってとこ。
ま、飽きない程度に掛かってくれる。

早めの昼休憩。
師匠の釣果を見ると、18〜20cmクラスがけっこう釣れていて、大きいのは流心で掛かったよと言う。
こりゃ午後は流心だな。やっぱ大きいのが釣りたい。
夏鮎さんと師匠と自分、のんびり昼食して、人間も休み、ポイントも休める。

さ〜て、流心で掛かるだろうか?
石がゴロゴロ、流れも水深もあるが、見た目は白い石ばかり。
さっき取って逆バリを打っていない元気いっぱいの15cm君に頑張ってもらう。
強い流れの中を15cm君は、グイグイと上っていく。(よしよし、ガンバ)
でも、一向に掛かってくれません。
どの石にも鮎が付いている感じではなく、まだアカの乗りが悪いみたい。

大石裏の開きに、わずかに茶色い残りアカが見える。
そこに入れてみると、今までとは違う強烈なアタリ!!
オバセを取っていたのに、竿にまで来る「ガガーン」の衝撃。
竿を立てても、オトリの姿さえ見えず流心をぐいぐい走る。
今期、初めて腰をおとして竿をためる獲物だ。
「これ、これなんだよ〜 楽し〜〜〜いィ」
今までは、掛かっても手の平の上で遊んでるような釣りだったけど、
こいつは、手の平から飛び出て無鉄砲に走る。
もしかしたらバレるかも?そんな危機感がたまらない。
水面に浮いた時に掛かり所がわかった。「背掛かりだ」
ちょっと安心して、流れの緩いとこから引き抜く。
サイズは19cmってとこかもしれないけど、ひさしぶりの強引に満足。

e0037194_2130023.jpg


同じようなポイントで、同サイズを5匹掛けるもバレで3匹しか追加できない。
合計10匹、やっと「つ」越えかぁ〜〜ちょっと不満。


川小屋に1度戻って、今度は「難敵 川小屋前のポイント」をやってみる。
ここは、浅い、緩い流れ、鏡、と、誤魔化しの効かない超1級の難ポイント。
自分の大っ嫌いな条件が揃ってる。
ヘチ沿いに磨かれた石が並ぶので、川の真ん中に立って、ヘチを攻めなきゃならない。
ところが、流れが緩くてオトリが竿先に泳いでくれない。
「休んでるぜ、コイツ」「泳ぐ気がまったくない」
我慢して待っていてもオトリは動かん!!
オバセをくれようが、軽く糸を張ろうが、なにしても動かない。
「やっちゃいけない」と思うけど、我慢の限界。オトリを無理矢理引きずる。
「あっはは、やっぱ掛からんワ!!」
このポイントで、こんなことしちゃ釣れません。でも、やり方がわからない。
「くやしい〜〜〜」けど、自分には釣れないポイント。

9:30〜2:30の約5時間
プラス15:30〜17:00(難所、川小屋前)
13cm〜19cm 10匹
糸 エース極細


つづく



6月25日(日) 曇り時々雨

今日は、ラグビーの新入生歓迎会があって、午前中は釣りに行けません。
2時ごろ夏鮎さんに電話すると、「やってるよん」の声。
そして、想い出した。
昨日の川小屋前のポイントの屈辱。
たぶんオトリはあるだろうから、数時間しかないけど、川に入りたい。
ポイントは、前日入った場所とまったく一緒。一寸の狂いもない。
さぁ〜リベンジだぁ。
今日は、1つの作戦があった。
メタル系のエースは、こんなポイントには不向きと考え「ジーニス!!」
浮力が水より軽いハイテク系の糸だ。
しかし、使い古した養殖オトリは、流れに出してもまったく泳ぐ気力がない。
前日と同じだ。どうする? なにする? どうしたらいい?
わからない・・・・。手も足も出ない。
もう、強引に引っ張る。石に擦れたかも? 「あ!」切れた。
なにもしないうちに、1匹放流。「なんだ?この糸。」
次も同じ仕掛けで、イライラを押し殺してチャレンジしてみる。
今度は、上の木の枝に気づかず、天井糸が枝に絡む。「えっ〜〜マジ?」
こ時点で、頭は沸騰気味。完全に冷静さは失われ、ヤケクソ。
無理矢理引っ張ったら、無傷ではずれてくれた。
「ラッキー!」ちょっと頭の沸騰が和らいだ感じ。(^^)
で、地道に立て竿でやっていると、見印がピュンと飛び待望の初掛かり。
ちょっと、小ぶりながら見事にタモに収めてみたら・・・。
「なんじゃこりゃ? カワムツ? モロコ?」
なんていう魚か知らんけど、「てめぇ〜なめてんのか、コラァ!」
終わりました。完全に頭は沸点。根気もなくなりました。
がっくり肩をおろして、川小屋に戻った。
マッちゃん、どうやったら釣れるの?
大師匠・・ここ、釣れない〜〜。

はぁぁ〜〜〜〜情けない・・・ここで釣れなきゃ、自信が湧かない。
今度、また挑戦します。

釣果 ボウズ
15:30〜17:00
糸 ジーニス

鮎は、いっぱい見えるのよ。なのに釣れない。ここって厳し〜〜〜。
[PR]
by fishermen8 | 2006-06-25 21:32
今年初の藁科川
6月10日(土)藁科川 晴れ時々曇り

藁科川で大会に出場しました。
156人が3つのエリアに分かれて、各エリアから上位10名が決勝進出です。
1エリア約50人だから・・5人に1人が勝ち抜けってことだ。
これなら、運が良ければ不可能じゃないなぁ〜(^^)

抽選で引いた自分のエリアには、スー師匠も入りました。
他のエリアには、新ちゃん・tomさん・jiroさん。
そして、3日前の興津川ダイワマスターズでブロック大会に進出した川小屋塾のsinさん。

藁科川だから、大会エリアのポイントはおよそわかります。
入ったのは、富沢橋上流300mの竹ヤブ前。
さすが大会だけあって、1度入ったら身動きができないぐらい混んでます。

あ〜〜そういえば、藁科川で釣るのは、今日が今年の初になる。
やっぱり地元の藁科川は気持ちが落ち着きますね。

大会だけど、焦ることもなく、のんびりオトリを流れに送り出す。
狙いのポイントは、波立ちがあってちょっと掘れて深くなっている場所で、まずはここで1匹とってオトリを交換したいところ。数分後、思惑通りに狙ったポイントで13cmぐらいの鮎を掛けることができました。
その後も、ポチっ・・ポチっ程度に釣れてくれて4匹ゲット。
周りを見渡すと、この時点で4匹は良いほうみたい。
5人に1人だから、とりあえず見える範囲内で1番にならなくては。
でも、なかなか続かず、あいかわらず「ポチっポチっ」のリズムが続く。
ま、周りの参加者もそんなに釣れているわけじゃないから、このペースでも悪くはないと思う。

予選の時間が8時から11時だから、時間5匹がノルマで、目標は15匹。
そんな都合良くはいかないだろうけど、決勝に進出するなら最低でも10匹は釣らなきゃダメかな?
ところが3時間も集中力が続きません。
8匹まで釣ったところで、だんだん操作が乱暴になってくるのがわかる。
「ここはもう飽きた!」
どこも人が多いので移動できないけど、同じ場所を釣っていると新鮮味が無くて飽きてくる。
すると、オトリもそれを感じたように、逆らいはじめ言うことをきいてくれない。
結局、8匹でオトリ込みの10匹。
検量をすると、11匹か12匹が決勝進出ラインのようなので、根性抜けの予選敗退。(^^;;)
e0037194_20541214.jpg

検量風景
e0037194_20544922.jpg

検量場所で釣れた鮎

大会本部に戻ってみると、新ちゃんが見事決勝進出で、他のみんなは残念でした。
もともと大会への欲もなく、のんびり鮎釣りが出来れば良いほうなので、この後のビールが楽しみ。(^^)
決勝に進んだ新ちゃんを余所に、みんなで完敗(乾杯)しちゃいました。
e0037194_20552961.jpg

決勝で頑張る新ちゃん
ちなみに、新ちゃんは決勝で11匹。3位が13匹だったから惜しかった!
全国大会進出は、3位まで。

最後に、賞品の抽選が行われ、とっても良い賞品が当たっちゃいました。(^^)
ラッキーでした♪ 
[PR]
by fishermen8 | 2006-06-10 20:58


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧