釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2006年の鮎釣りスタート
解禁から1週間が経った興津川に行ってきました。
朝からシトシトと雨が降り、ちょっと冷え込んだ朝です。
これは、か〜〜〜〜なり苦戦しそうな雰囲気です・・・。

朝7時に、オトリにハナカンを通す時「水が冷たい」とびっくり。何度ぐらいなんだろう?
あとで他の人に聞いたら「14.4度」だったらしい。「これじゃ釣れません」
でも、釣れてちょうだい!

ひさしぶりなのでオトリに触るのにもオドオド(^^;;)
元気にスイスイと泳いでいくオトリちゃん。と、急に下がり始めてしまった。
ゴミでも拾ったかな?と竿を立てると、ワカサギサイズがオマケみたいに掛かっていました。
気を取り直して、ふたたびオトリちゃんを流れに・・・。
また、ワカサギちゃん。
そしてまたワカサギちゃん。
またもやワカサギちゃん。
そして、オトリはヘロヘロ・・・・・万事休す。

師匠は、なんとかオトリサイズを2匹ゲットしていました。
でも、その後が続かず、場所移動することに。

次に入ったところは、茂野島より上流で、入る場所もないぐらいの混雑エリアです。
釣り人が多くて、ポイントらしいポイントもありません。
石を見ると、青子?(緑色の藻)が至る所にあって、とてもじゃないが「やる気」が出ない。
でも、他にやるところもないので、緑色の石(笑)が並ぶところにオトリを放す。
パッと見は、最低、最悪なポイントだったけど、見印を見ていると、その周辺でヒラを打つ鮎や跳ねる鮎が見えてきた。
間違って掛かるかも??かも???かも????
しっかし・・・いっくらやっても、ぜんぜん掛かりません。
「2番手のオトリ出動!!」
オトリを替えるついでに、強引に引いて、緩めて、無茶苦茶に竿で動かしてみたら・・。
あららぁ〜掛かっちゃいました。(^^) 超ラッキー♪
捕れた鮎をオトリにすると、ポツリ、ポツリと入れ掛かりまではいかないまでも、飽きない程度に釣れてきます。(それはそれで、そこそこ楽しい)
流れが緩くて、石は青子があって、どう見ても1級ポイントではないのに、鮎が溜まっているのがわかります。
きっと、解禁から突然の人混みに、鮎がおびえてしまっているようです。
だけど、土用のような群れとも違います。追う鮎はちゃんと追って背掛かりで来るし、ひったくるようなアタリもあります。
ま、こんな釣りもあるんだなぁ〜と引き出しに入れておこうと思います。
e0037194_21152816.jpg
e0037194_21155019.jpg
ワカサギ君--4匹(純天然)7〜9時
12cm〜17cm--12匹(放流物主体・天然は12〜13cmが3匹ほど)10時〜14時
仕掛け--エース超極細・F1の3本イカリ
[PR]
by fishermen8 | 2006-05-27 21:17


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧