釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
05年10月23日(日)

今日は、富士川の予定でしたが、30cm増の濁りあり・・・。
しかも、急に冷え込んじゃったしね〜。

てなわけで、のこのこ起き出して藁科川へ。
11時過ぎに、川小屋さんへ行くと、勝治さん、マッちゃん、そして永浜さんがヒマそうにしてます。
日曜には珍しく、今から永浜さんが釣りに出掛けると言うので、
これはいいチャンスだと思い見学することにした。
だけど〜〜入った場所は、自分が見ても誰が見ても、釣れそうな雰囲気ではない。
一緒にやろうと思ったけど、自分ではボウズもありそうなので、とても竿は出せません。
しばらく見学させてもらったけど、なかなか1匹が釣れず、
自分と師匠と勝治さんは、新間川出合いへ行くことにしました。
でも、永浜さんが、なにやら変な竿の動かし方をしていて、それは非常に興味深く、
どんな感じか、あとで試してみるつもりです。

新間川出合いは、想像以上にアカの乗りが悪く、本流のヘチにちょこっとあるだけ。
しかも、磨かれた感じのきれいな石は見あたりません。
新間川は、アカはあるものの、チョロチョロ流れで、あまりに細くて攻めにくい感じ。
これじゃオトリを出すところがないじゃん!
仕方がないので、少し上流まで歩いて、枝川を覗くと、水深が浅くて水も少ないが、
上流に泳がせられれば、多少は釣れそうな感じの場所を見つける。
こういう場所は、立ち位置をシビアに見極め、とにかく静かに釣らなきゃダメ。
50mほど上流に、釣り人が1人いるけど、こんな狭い場所だから、ここには来ないだろう。
ゆっくりゆっくり、オトリを上に泳がせていくと、見印が時々横に動く。
もしかしたら、野鮎がいるのかもしれない。
しばらくして、目印が上下に動いて下流に走った。
1匹目ゲット!
それをオトリにして、再度上流に向けて泳がせていると、
さっきの釣り人が、あんな遠くから近くまで下がって来ている。
でも、まだ自分が泳がせている範囲にはいないから大丈夫。
ここで、さっきの永浜さんの竿の動きを真似してみた。
うまくいかない。竿の調子が違うのか、先っぽだけハネるようにしか動かない。
もっと、こう〜なんていうのかな〜違うんだよな〜こういう動きじゃない。
でも、そうこうしているうちに、2匹目が掛かる。

次にオトリを出そうと顔を上にあげると、さっきの釣り人がすぐ近くに。
上流に泳いでいくオトリと、その釣り人のオトリが交差するまでになった。
マジかよぉ〜 そこは、今、静かに上らせて掛ける場所なんだよ〜
自分としては、珍しく舌打ちした。
仕舞いには、根掛かりして、その浅い小さなポイントに入られてしまった。
周りには、いっぱい川があるだろう〜〜人も少ないし〜〜〜なんでここに!
ダメだ。  諦めて場所移動。
すぐ下流のヘチ際で1匹ゲットできたけど、それからはポイント探しに歩き回っただけ。
ポイントがない! 釣れそうなとこが、なさすぎ〜〜〜。
一緒に行った、師匠や勝治さんも歩き回ってる。
どうやら釣れていないようです。
結局、3人とも、3〜4匹程度の貧果で、疲れだけが残って納竿となりました。

川の石の色などを見ると、そろそろ今年の納竿時期が来たのか?
そう思わせる釣りでした。

場所 藁科川(新間出合い近辺)
竿  アルトマイスター中硬硬9.0m
糸  エース極細(ツケ糸0.4号)
   今日はあえて、0.4号を試してみた。
ハリ マルチ7号4本錨
13時〜16時 16cm〜18cm 3匹
[PR]
by fishermen8 | 2005-10-23 22:12
2005年10月16日(日)

第二東名橋から川の様子を見ると、20〜30cmは増水している。
しかも、水色は茶色に近い笹濁り。
昨夜からそんなに降ったの?
今もポツポツと降って冷たそう。
ただでさえ厳しい釣りになると思っていたが、これじゃ釣れる気はしない。

今日は、川小屋さんで、川小屋塾生が集まっての納竿会でした。
朝からにぎやかに25名ほどが揃いましたが、さすがにこの条件じゃ厳しいよね〜。

とりあえず、オトリ操作の練習のつもりで、竿だけは出すことにした。
スー師匠、夏鮎さん、本島ちゃん(女性)の4人で、第二東名橋下流へ向かう。
ここは、枝川があるので、増水でも多少は釣りになるかも???
鮎は、ピョコンピョコンはねているので、いないわけじゃない。
だけど、拙い経験からでも、これは釣れる鮎じゃないとわかる。
水温も低く、アカの乗りも悪く、ハミも柳葉が数本。

そうそう、今日はオトリ操作の勉強だから、釣れなくてもいいや。
水深20cm程度のチャラチャラにオトリを放す。
はい、まるっきり掛かる気配はありません。
ところが、足下の流れ(5cm)のところを鮎が走り抜けている。
あらら? ここにはアカはないし、昨日の雨で出来ただけの流れじゃん。
ふ〜〜ん、こんな増水時は、鮎はヘチ沿いを泳いでいるんだ?と思った。
で、岸から離れて、アカの無いヘチぎりぎりを泳がせていると、
2匹の鮎が、ピョコンとはねて下流に走った。
あ、掛かったみたい?(ぼんやりしていて、よくわからなかった)
でも、手応えもなくバレて、逆バリだけは外れている。
これはマグレアタリで、追って掛かったわけじゃないね。
それから、ず〜〜〜〜〜と掛かりません。半分諦めてます。
まだ時間はあるので、ゆるい流れで泳がせ練習をしていると、
ふわぁ〜とオトリが下流に下り始めました。
それは16cm程度の弱々しい鮎でした。
オトリにしても下るばかりで思うように動いてくれません。

残り1時間ぐらいになって、時間つぶしに枝川の対岸ヘチを泳がせ、
師匠と話しをしていると、背掛かりで良い鮎が掛かっていました。
この鮎は元気です。
同じようなポイントへ入れると、今度はハッキリとした追いで背掛かり。
また同じように背掛かりで釣れ、計4匹の釣果でした。
まぁ〜この条件で、この釣果なら、自分にしては上出来。
ところが、鹿子島さんの18匹を聞いて、開いた口が閉まりません。
すごいですね〜 なんなんでしょうか?

場所  藁科川(第二東名橋の下流枝)
竿   アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸   北越エース極細(ツケ糸0.4号)
    前回の仕掛けそのまま。ズボラ(^^;;)
ハリ  マルチ7号4本錨
8時〜11時30分 16cm〜18cm 4匹 
[PR]
by fishermen8 | 2005-10-16 21:40
2005年10月8日(土)
今日は、朝起きたら寒くない。
でも霧のような雨が降って、道路はビショビショに濡れている。
夜中には、けっこう降ったらしく富士川は80cmの増水とか?
待ち合わせ場所を興津川にしたけど、ここも笹濁りで増水している。
興津がこれじゃ、やっぱ富士川は無理だろうな〜と、ちょっと諦め気味。
師匠と勝治さんと会社の仲間の4人、車の中で釣り談義しながら興津川の様子を見て回る。
こんな天候でも、釣り人がたくさん入っていて、橋の上から見ると鮎の姿も確認できる。
おおぉ〜こりゃ釣れるかも???
次第に水も澄みはじめ減水してるようなので、興津川で竿を出すことにした。

ポイントは、土村堰堤下が空いていたので、ここに入ることにした。
会社の仲間は、諦めて帰ってっしまったが、朝7時過ぎに集合して、竿を出したのは11時だからのんびりしている。
どうせ増水で水温も低く、朝は釣れそうもない。
それより、釣りが出来るだけでもうれしいね。

まずは、天然を1匹とりたいので、瀬の開きのゆったりしたところにオトリを放す。
ところが、岸際は増水の影響で、昨日までは水が無かった場所?
あれ?どこまでが昨日の川なのかわからない。
もうちょっと前か? もうちょい?
と、気が付いたら、そこはアカが乗った石がびっしり。
「しまったぁ〜」笹濁りだったから見えなくて前に出過ぎたかも?
こうなりゃ、出過ぎついでに対岸に渡ってしまえ!
その判断が良かったのか、そこは足下から良い石が入っている。
しかし、泳がせど泳がせど掛からなくて早くもへばってきた。
秋のオトリは弱いなぁ〜すぐにこれだもん。
竿はもう立てから寝かせになっている。
また、師匠に天然をもらうハメになるんだろうか?
「クン」・・・・ん? アタッた? きた!
それも背掛かりで元気いっぱい。(^^)
超マグレだったけど、ここからがすごかった。
上に泳がせると見印がビュンと飛び、下から引けばゴツゴツとアタリ、
めくらめっぽうにオトリを出しているのに掛かる。
背掛かりもあれば、腹や顔もある。
オトリが変わったとたん、手のひらを返したように釣れ出した。
とにかくオトリの循環だけを気にして、掛かり所の悪い鮎はすぐに仕舞った。
盛期の入れ掛かりまではいかないけど、かなり良いペースで続く。
やったぁ〜空中バラシも多かったけど、昼飯前に9匹も釣れてしまった。
昼飯の後も同じポイントに入れ、またまたボチボチ入れ掛かり。
後半も8匹釣って、合計17匹も〜〜〜(^^)
もう〜こんなに釣れたなら、今日を納竿にしてもいいぐらい。
しかも〜〜(^^) 師匠や勝治さんより釣っちゃいました。
これで、長い冬休みも楽しく過ごせます〜

だけど、まだ鮎も若いし〜〜こんなに釣れるんなら・・・
もう数回やってみようかな。(笑)

場所  興津川(土村堰堤下)
竿   アルトマイスター中硬硬 9.0m
糸   北越エース極細(ツケ糸0.4号)
    富士川のつもりだったので↑これしかなかった(^^;;)
ハリ  マルチ7号4本錨
11時〜16時 16cm〜20cm 17匹 若くて香りの良い鮎だった。
[PR]
by fishermen8 | 2005-10-08 18:58
05年10月1日(土)
朝、起きたら寒い〜〜〜〜〜もう秋だ。
こりゃ水温低くて釣れないかもだ。

懲りずに、またまた富士川へ行くことにした。
今日は、面白いオトリ屋さんがあるから行ってみようと師匠に誘われる。
国1バイパスから東名富士インター方面へ曲がります。
そこからガード上を越えてすぐ近く。(マップは↓)
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.40.12.0N35.9.0.6&ZM=8
何が面白いかって、そこは鯉の釣り堀や金魚を売っているお店なのに、
4畳半ほどの生け簀には、鮎がいっぱい泳いでいた。
中を覗くと、大小様々な鮎がいて、20cm〜25cmぐらいもある。
しかも、値段が安い。 3匹千円。
オトリの看板は出ていないので、注意していないと見過ごします。

今日のポイントは、そこからすぐ近くにある第二東名橋上流へ。
(マップ↓)
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.36.49.7N35.10.45.3&ZM=9
ここは左岸側から車で入れるので、ラクチンだったよ〜(^^)
ポイントは、ザラ瀬・チャラ瀬・トロ瀬がほとんどで、強い流れは少なかった。
石の大きさもサッカーボールぐらいがびっしりで、大きな石は少ない。
水深もおよそ腰下ぐらいがほとんどで、変化の少ない流れです。
こういう場所は、上にゆっくり泳がせれば、簡単に釣れそう(^^)v
でも、水温は富士川にしては冷たく、追いが悪そうな予感がした。
さっそくチャラ瀬で、じっくりと上泳がせで始めてみるが、
それを何度繰り返しても掛からない。
周りにいる釣り人も掛けた人を見ていない。
結局、3時間あまり、なにも掛からずにお昼にすることに。

腹もたまって気分一新して、トロ瀬で同じように上に泳がせ始めると、
「ク、ククン」とすぐにアタリがあった。
20cmちょいのオトリにはピッタリサイズが釣れたので助かった。
師匠は、お昼前に1匹釣ったけど、目計り27cmとデカ過ぎてオトリにならない。
その20cmをオトリまかせに泳がせていると、すぐに23cmサイズのお友達を連れてきてくれた。
多少水温が上がって、活性が出てきたかなと期待したけど、
それっきり釣れない時間が過ぎていき、午後3時前に納竿。

あの師匠でも2匹なんだから、今日は釣れない日だったのかも。
周りに見える釣り人は、10人ぐらい居たけど、自分が見てる限り
誰1人と掛かってる姿を見ることが出来なかった。
そろそろ、鮎も終盤で、オトリ、掛かり鮎ともに、
胸ビレ下あたりがオレンジ色になりつつある。

今期を締めくくる楽しい1日は、やってくるでしょうか?
このままシーズンを終えてしまうのでしょうか?
最後に「ウハウハ」と笑える日が来てほしい〜〜〜〜。

場所  富士川(第二東名橋上流)
竿   ダイワセンサーの8.7-9.0mズーム
糸   北越エース極細(つけ糸0.4号)
ハリ  マルチ7号4本錨・8号3本チラシ
    (掛かった2匹はチラシ)
9時〜15時 20〜23cm 2匹ぽっきり(^^;;)
[PR]
by fishermen8 | 2005-10-01 18:35


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧