釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2005.9.18の釣り
9月18日(日)
今日は、師匠と一緒に富士川へ大物狙い。

オトリ屋さんに停まってる車のナンバーが大宮?八王子?
東京からの釣り人がかなり多かった。

今日のポイントも長貫うなぎ屋前。
前に来た時よりも20cmぐらい高い。
流れの押しもかなり強い。
石に付くアカは、ボチボチと残りアカぐらいしかない。
でも、水色は良く、雰囲気は悪くなかった。
さて、早いけど、結果は午前中ボウズ!
まるで釣れません。見向きもしてくれない。
4時間、2匹のオトリでやりくりしましたが、もう何しても泳がない。
「師匠〜〜〜1匹ちょう〜〜だい!」
師匠は、もう8匹ぐらい釣って調子がいい。
ついに泣きが入って、天然を1匹もらいました。
さすが天然だけある。
グイグイと強い流れもあがっていく。
が・・・あ〜〜根掛かり。外しに行くが流れが強くててこずる。
プッチン!  「あっ!!!」
き、貴重なオトリを沈めてしまった。(^^;;)
朝すぐに、メタルにゴミが引っ掛かってキンクっぽくなった。
そこから、簡単に切れましたとさ。

師匠は、ボチボチ機嫌のいいビール。
自分は、ヤケ酒並のビール。
で、午後からは、師匠にもう1匹おかわり。(^^;;)
もう流れの押しの強いところはこりごり。
大石のヨレがあるとこでオトリを出すことにした。
オトリをポイントに入れてすぐ、ゴリゴリと変な感触がきた。
「あちゃ〜〜またエビっぽい!」
ところが、これがアタリでした。ギューンと引く感触は何年ぶり?
忘れていた快感が蘇る。「うれしい〜〜〜」
やっと釣れた。ホントにマジにやっと釣れてくれました。
その後も、相変わらず釣れない時間が続き、自分もオトリもヘトヘト。
でも、やっと2匹目が掛かってくれた。
が・・・、その元気オトリも、またしても深場で根掛かり。
胸までありそうな水深に呆然としながら天を仰ぐ。
自力でプッチン!「はぁぁ〜〜〜〜」
それからも気を取り直してやってみたけど、今日はおしまい。
2匹釣ったけど、2匹ロストのプラマイゼロ。
なんだろうなぁ〜〜〜〜

どうも苦手みたいです。高水の残りアカ狙い。
まるでわかりません。どうやって釣っていいのかわからない。
どこを、どうやって攻めていいのか迷い道。

場所 富士川(長貫うなぎ屋前)
竿  毎度のこと、アルトマイスター中硬硬9.0m
糸  メタル0.15号
ハリ マルチ7号3本錨
7時30分〜13時30分 20〜23cm 2匹(-2匹)(^^;;)

この竿じゃダメだ。
まったく釣りにならない。
引いても2・3番がぐにゃりと曲がるだけで、オトリがついてこない。
掛かり鮎も抜けない。
[PR]
by fishermen8 | 2005-09-18 20:03
2005.9.17の釣り
9月17日(土)
朝晩が涼しくなってきて、秋の予感が寂しいと思う季節。

ゆっくりできる3連休初日。
お昼頃から藁科に向かう。
最上流部の湯ヶ島まで行き、鮎やアカの付き具合を見て回った。
日向エリアで、道路下のブロックには、20〜25cmの鮎が群れてヒラを打っている。
デッカイ鮎がこんな上流にまだいるんだなぁ〜とビックリ!
うじゃうじゃ居ました。
しばらく様子を見たけど、とても自分には釣れる鮎じゃないと諦める。
さらに下って、いろいろ見て回るが、どこもかしこも釣り人だらけ。
そんな状況で、寺島の発電所(坂本川出会い)の1本瀬には数人の釣り人しかいない。
「よし!ここでやってみるか!」
水色OK! アカの付きまぁまぁOK!
これなら釣れるだろう〜〜〜(^^)
ところが、釣り始めてすぐにボウズハゼが釣れてくる。
オトリは、胴締めみたいにグチャグチャに糸にまかれ、付け糸以下修復不可能。
「いきなりこれかよぉ〜〜〜」
予感は、信じたくない。でも出鼻をくじかれて良い釣りをしたことがない。
「ちょっとヤバくない?」心に隙間風?秋風?
ここなら掛かるだろ〜というポイントですべて肩すかし。掛からない!
こんな時は、ゆったりした流れやチャラ瀬で天然をまずは1匹ゲットしたいところ。
ところが、このエリアには、そんな場所がありません。
白泡の瀬が続くだけ。
「マジヤバ! どうする? 困った!」
最高のポイントで掛からない!非常事態!なにかしなきゃ!
2匹のオトリは、もうヘトヘトにくたびれてる。
「あ!そうだ!最近使ってないけど、背バリがあった!」
この背バリちゃんのお陰で、なんとか2匹ゲット!
でも、その天然ちゃんも時間が過ぎるとともに、な〜んにも泳がなくなった。
ギブアップ寸前。
その時「が、が、ガッツーン」と強烈なアタリ!
一気に強い絞り込みに走られた。
「ちょ、ちょっと、待ってよ。ダメ、ダメだってばぁ〜〜〜」
ひゅぅぅぅ〜〜〜〜
秋風に、虚しく糸がなびいてる。
「今のメチャでかかった!」
逃げた魚は大きいと言うけれど、浮き上がった魚体は25cmぐらいあったかも。
気落ちしながらも、仕掛けを張り直そうか?考えたけど、
残るオトリは、もう瀕死の状態。
なんか疲れた・・・。
気落ちしながらご帰還となりました。

場所 藁科川(寺島発電所下の瀬)
竿  毎度のこと、アルトマイスター中硬硬9.0m
糸  エース極細
ハリ マルチ7号4本錨
13時〜15時30分 18cm〜20cm 2匹(-1匹)(^^;;)
[PR]
by fishermen8 | 2005-09-18 20:02


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧