釣り徒然

釣りの日記・ひとり言
<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
8月20日(土)
今日は、ちょっと大きい鮎を釣りたくて、富士川に行ってきました。
師匠のスーさんと、富士川を車で旧国道1号橋から見て走る。
水量は減水気味だけど、果たして鮎はいるのだろうか?
大河川なので、土手の上から見ても様子がわからない。
車から水が流れるところまでは、大石ゴロゴロの河原をかなり歩かなきゃならない。
とりあえず、オトリを持って、水のあるところまで行ってみる。
川の様子は、ヘチや流れの緩いところはアカ腐れで、水通しの良いところは、磨かれた形跡あり。
可能性あるな〜と思いながら、師匠と顔を見合わす。

さっそく、仕掛けを出してオトリを付けようとしていると、
師匠が速攻で1匹ゲット! そいつを出してすぐ2匹目も掛けてる。
「おぉ〜〜こりゃ期待できる!(^^)」
ところが、自分には一向に掛かかる気配がない。30分経過。
わずかにオバセをくれて泳がせていると、目印が「コツッ」と動いた。
「ん?当たり?」
だけど、何事もなかったように目印は上流にゆっくり動いている。「?」
でも、なんか変。「?」
さっきより馬力のある泳ぎ方に異常を感じたので、
ソッ〜と竿先できいてみると、いきなりギュギューンと走り出した。
「な、なんだ、さっきので掛かってたんだ〜!」
慌てて竿を上流に寝かせて絞り込むと、竿は根本からグニャリと曲がる。
パ、パワーが半端じゃない、強烈な引きに顔はニヤニヤしてるけど、内心はハラハラドキドキ。
ちょっと、付け糸0.3号じゃヤバイかも?
ゆっくりゆっくり引き寄せて来て、なんとかタモに取り込んだ。
23cmぐらいはある尖った顔の天然だ。(顔がほころぶ、えっへへ(^^))
でも、こいつをオトリにしたら、次は絶対に切られると思う。
だから、もう1匹の養殖オトリを出してやることにした。
その後、2匹を追加したけど、釣った魚には鼻カンを通していない。
エース超極細に0.3号の付け糸じゃ、ちょっと怖くて出来なかった。

ここでビールタイム。
師匠はすでに8匹ほど釣っている。
1匹すごいのがいると言うので見せてもらったら、体高が指3本ぐらいある25cmの鮎。
「うひゃぁ〜・・自分もこんなのを釣りたい!」
ビール後、仕掛けを張り直すことにした。
メタル0.15号で付け糸0.4号。これなら大丈夫でしょ!
始めて早々に、すぐ掛かり、糸の太さもあって強引に抜いてみると、
ありゃりゃ? 掛かり鮎が水面を切らない。
竿がグニャリと曲がったまま。「ダメだぁ〜 この竿じゃ無理!」
仕方なく寄せて取り込む。
その後、ついに来ました! あの体高のあるデブ鮎が掛かりました。
「うれピー!!!」 しばらくタモの中で見惚れてました。


e0037194_18503838.jpg

今日は、これだけで大満足(^^)(^^)(^^)
大鮎狙いだから、2・3匹でもイイと思っていたので楽しかったぁ〜。
ちなみに、師匠は16、17匹ぐらい釣ってます。

場所 富士川(長貫うなぎ屋前)
竿  アルトマイスター中硬硬9.0m
糸  エース超極細→メタル0.15号
ハリ マルチ7号4本錨
8時〜15時 21cm〜25cm 8匹
[PR]
by fishermen8 | 2005-08-20 18:52
8月14日の藁科
しばらく釣りが出来なかったなぁ〜
今年は、小僧のラグビーが面白くて役員までやっちまってる。
しかも、仕事は休日出勤が増えて、平日にその代休も取れない。
今年は、も〜〜我慢します。
そして、来年はみっちりやらなくちゃ。
大会にも出たいしね。
とりあえず、目標はマスターズ地区予選の予選突破(^^)

今日は、朝早く行こうか迷ったけど、結局朝寝坊してしまい、
さらに昼間は恐ろしい猛暑で、エアコンの効いた部屋から出れなかった。
やっと腰が上がったのは午後1時。(^^;ゞ
川小屋さんに行くと、永浜さんがちょうど出掛ける時だった。
しばらく話し込んでから「どこへ行くの?」と聞くと、
教えられない内緒のポイントだってさ!(知ってるけど(笑))
明日、お客さんが12人ぐらい来るから、その料理に出す鮎を仕入れに行くらしい。
最低でも型を揃えて24匹釣ってこなくちゃならない。
それなのに今頃行くのか!
自分なら朝1番から暗くなるまでやっても釣れない数だね。

もう2時になってしまった。
早く釣り場に行かないと日が暮れる。
永浜さんの情報だと、
店前から上流は18cm〜20cmサイズに24cmぐらいまでが混じり大型が釣れるらしい。
水見色から下流は、16cm〜18cmのオトリサイズが平均。
e0037194_20361225.jpg



今日は、下流域の平瀬・チャラ瀬でやってみたかったので、新間川近辺に決めた。
車を止めて、支度を始めると、ゴロゴロと「いやぁ〜〜な音」
空を見上げれば、真っ黒い雲が広がってきている。
「マジ? こりゃ来るな〜〜」
仕方がないので、舟を浸けてから車に戻り様子をみる。
大粒の雨が車の屋根を叩き、ゴロゴロと落雷の音。
しかし、小1時間もすると、空が明るくなってきた。
雷の音もしないので、今なら出来そう。
もう時間は、4時に近い。

気温も多少下がって、イイ感じ。
まずはオトリをゆっくり上流に上らせてみた。
オトリ任せに20mぐらい自分も上に歩いて行く。
しかし、その間にも掛からない。
あちこち泳がせて30分ぐらい経ったかな?
上流にいるオトリを下流に反転させた瞬間に掛かった。
「なんだぁ〜こりゃ?」
あんなに丁寧に泳がせていたのに「これで掛かっちゃうの?」
取った天然鮎は元気に泳ぎ、いつ掛かっても良い感じ。
ところが、次がなかなか掛からない。
「おっ!そうだ!」さっきのように反転させたらどうだろ?
「掛かった!」 あっはは! 見事作戦成功! 

ところが、また山の方でゴロゴロと音がしてきた。
「あぁ〜〜黒い雲がこっちに迫ってくるじゃん」
もう悠長に泳がせてはいられない。早く釣らなくちゃ。
引き泳がせに変更して、ポイントを幅広く探ってみる。
そしたら「ガッツーン」と来た。
また続いて「ガッコーン」まだまだ続く。
4匹、一気に釣れた時、雨が落ちてきた。
空も真っ黒「さすがにヤバイ!」
「しかし、惜しいよ〜〜こりゃ入れ掛かりできる」
どこで引こうが掛かる感じ。それぐらいの感覚はあった。
追いが強くなってきた。夕バミかな?

でも、落雷にあっちゃ大変。身体が元気ならいつでもできる。
残念だけど帰ることにした。

ポイント 藁科川 新間川合流周り
竿 アルトマイスター中硬硬9.0m
糸 ジーニス0.08号(初めて使ったけど、伸びなくてツンツンする)
ハリ ミニマム6.5号3本錨→マルチ7号4本錨
16時〜17時 17〜18cm 6匹
[PR]
by fishermen8 | 2005-08-14 20:38
8月7日(日)の藁科
8月7日(日)
金曜の夜から「新ちゃん・Qちゃん」家族がキャンプに来ている。
土曜日は抜けられない仕事があって行けなかったけど、
日曜は朝5時に起きて、まずは川小屋さんに寄ってから行くことに。
あまり早いと、疲れて寝てるのにお越しちゃいそうだからね。
川小屋さんには、早朝なのに気の早い釣り人が続々とやってきていた。

昨日の釣果を新ちゃんに訪ねると、娘に付きっきりで釣りやらず。
Qちゃんは半日やって10匹ぐらい。
川小屋さん前は、上手な人が攻めまくるからね。ちょっと難しいよ〜。
そこで、川小屋前の釣りも飽きちゃうだろうと思い、
上流を案内することにした。
入った場所は、和田橋下流の瀬から小島橋まで。
去年まで岩盤もあった瀬が砂で埋まってる。
そのかわり、砂だった部分に石が出てる。
昨年とは、まるで違う瀬になってるけど石の配列は悪くない。
でも偏向グラスで川の中を覗いてみると曇ってる石ばかり。
しかも鮎の姿も見えない。
ん〜〜〜こりゃ釣れないかもだ〜。
結果は、Qちゃん2匹。自分が1匹。娘ちゃん0匹。
時間がないので、10時ごろに上がって、川小屋前に戻ってきた。
すると、日曜には珍しく永浜さんが川に入っている。
こりゃチャンスなので、後ろにくっついてじっくり見させてもらった。
(その釣りは掲示板に少し書きました。)
よ〜し、今見たままを実践してみよう。
オトリの泳ぐスピードは同じ、そして狙いの石に近づいた。
ここで「ドピューン」と目印が飛ぶはず。
飛ぶはず・・・・・。 飛ばない・・。
こんなはずじゃない。
きっと何かが、どこかが違う。 でもわからない。
結局、真似事は長くは続かず、いつもの釣り方に。
サイズもバラバラ、顔掛かりばかり、黄色い鮎は1匹だけ、
入れ掛かりもなし、ポツポツまぐれ釣れで8匹。
ふぅ〜〜〜・・納得できんなぁ〜も〜〜。

場所 和田橋(1匹)・川小屋前(8匹)
竿 アルトマイスター中硬硬9m
糸 ナイロン0.2号 ハリ ミニマム4本錨
8時〜17時(見学・おしゃべり含む) 計9匹
[PR]
by fishermen8 | 2005-08-09 22:51
7月31日(日)
e0037194_22284277.jpg

今日は、川小屋さんで、初心者教室が行われました。
親子連れがほとんどで、はたして釣れるのか疑問でしたが、
ポツリポツリと子供やお母さんにも掛かり始めました。
釣れた鮎をさっそく塩焼きにしてあげると、子供達は美味しそうに食べてます。



e0037194_2229999.jpg

終了したのが、4時半を回っていましたが、
どうしても自分も釣りをしたくなり、慌てて川に入っていきました。
日曜日なので、この時間になっても人が多い。
でも、夕方の入れ掛かりに期待してオトリを出してみた。
何分経っても追いがありません。
ぜんぜん掛かりません。
どうにもなりません。
だけど、こんな子供でも連れたんだから・・・
女の子の隣にいるのは、永浜さん。

1匹掛かれば、後が続く。
その1匹が掛かりません。
もう、薄暗くなってきて、ついにギブアップ!
やっちまった! 釣り時間は短いけど、今期初のオデコ!!!
ちきしょ〜〜〜今度は平日にサラ場をやるぞ〜!
ガックシ(;_;)

場所 川小屋前〜富厚里橋
竿 DAIWAアルトマイスター中硬硬9.0m
糸 複合糸(エース超極細) ハリ ミニマム6.5号 4本錨
16時半ぐらい〜17時半 0匹
[PR]
by fishermen8 | 2005-08-01 22:32


by fishermen8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧